ヒュンダイのキーフォブの電池交換方法

フィル・ボルゲス // にて。

ヒュンダイのキーフォブの電池が切れても、ディーラーに行って新しい電池の代金を支払う必要はありません。この記事では、キーフォブの電池を自分で交換する方法を紹介します。必要なのは、ドライバーと数分の時間だけです。このまま読み進めてください。

ヒュンダイのキーフォブが反応しなくなったら、電池を交換する時期かもしれません。幸いにも、これはいくつかの簡単なツールを使用して自宅で行うことができ、迅速かつ簡単なプロセスです。まず、背面にあるキーフォブのリリースボタンを探します。これは通常、底部近くにあります。リリースボタンを押した後、小さなマイナスドライバーでケースを軽くこじ開けます。電池と2つの金属製の接点が内側に見えます。ドライバーを使って、古いバッテリーを慎重に取り外し、交換します。ケースを閉じる前に、プラスとマイナスの端子を合わせてください。あなたのヒュンダイのキーフォブは、新しい電池で正しく機能するはずです。

ヒュンダイのキーフォブはどのような電池を使用するのですか?

ヒュンダイのキーフォブの電池を交換する時期が来たら、正しい種類を入手できるようにしたいものです。ほとんどの場合、HyundaiキーフォブはCR2032電池を取ります。この電池は比較的小さく、ほとんどのハードウェアストアやオンライン小売店で簡単に見つけることができます。電池の交換は、プラスドライバーを必要とするかなり簡単なプロセスです。新しい電池を手に入れたら、キーフォブの裏側のネジを外し、古い電池を取り出します。そして、新しい電池を挿入し、再び裏蓋をねじ込みます。キーフォブに新しい電池を入れれば、必要なときにすぐに使えるので安心です。

ヒュンダイのキーフォブの電池交換はいくらかかりますか?

ヒュンダイのキーフォブの電池交換にいくらかかるか気になりますよね。通常、5個入りの交換用電池は$3から$5の費用がかかります。キーフォブの新しい電池のコストは、選択する電池のブランドと購入先によって異なります。電池交換は、数分でできる簡単な作業です。自分でやるのが不安だとします。その場合は、近くのディーラーや鍵屋に持ち込めば、いつでも対応してもらえます。ヒュンダイのキーフォブの電池交換は安価で、大きな問題にはならないはずです。

バッテリーを交換した場合、キーフォブの再プログラミングは必要ですか?

車のキーフォブの電池を交換した後、キーフォブを再プログラムする必要があるかどうか、疑問に思われるかもしれません。ほとんどの場合、何もする必要はありません。電池を交換した後もキー・フォブは通常通り動作するはずです。しかし、電池交換によってこの接続がリセットされた場合、または何らかの理由で接続が中断された場合は、キー・フォブを再プログラムして、キー・フォブが再びあなたの車を認識するようにする必要があります。 .この手順は車によって異なるので、取扱説明書を参照してください。一般的には、車のダッシュボードにある「プログラム」ボタンを探し、それを押しながらキーフォブのボタンも押す必要があります。この2つが同期されると、キーフォブは再び正しく動作するようになります。

キーフォブの電池残量が少なくなると、どうなりますか?

車から数メートル離れたところでキー・フォブが動かなくなったことがあれば、どれほどいらいらするか、おわかりいただけるでしょう。キー・フォブは小さな電池を使って車に信号を送信しますが、時間が経つと電池の電力が低下します。電池が弱くなると、トランスミッターはその範囲を失います。キーフォブが動作するためには、クルマに近づく必要があります。フォブが車のドアのロックを解除する前に、あなたが車のドアの横にいる必要がある場合があります。キーフォブの調子が悪くなってきたら、電池を交換する時期が来ていると思われます。電池交換は通常、短時間で簡単に行うことができます。

キーフォブの故障で車が動かなくなることはありますか?

プッシュボタン式スタートのクルマなら、キーフォブのことを気に留めることはないでしょう - つまり、動かなくなるまでは。では、キーフォブの電池が切れるとどうなるのでしょうか?車はまだ動くのでしょうか?車のバッテリーの種類とブランド、モデルによって、車のキーが機能するかどうかが決まります。キーレスエントリーとプッシュボタンスタートであれば、エンジンを始動するためにポケットからフォブを取り出す必要はありません。この場合、キーフォブには電池が入っており、近くにあると車に信号を送信します。この電池が切れると、車はキーフォブを認識しなくなり、エンジンがかからなくなります。また、キーフォブをスロットに差し込まないと始動できない車種もあります。このような場合は デッドキーフォブ のバッテリーは、車の始動性に影響を与えません。ですから、キーフォブの電池切れで立ち往生するのが心配な方も、問題なく車を始動させることができるはずですので、ご安心ください。

ヒュンダイにお乗りの方は、キーフォブの電池がすぐに切れてしまうことにお気づきかもしれません。電池は通常、数ヶ月ごとに交換する必要があります。これは迷惑なことですが、良いニュースは、バッテリーを交換すると、あまりにも多くのお金をバックアップすることはありません。ほとんどの場合、交換用の電池は$10以下のコストです。また、キーフォブを持ち込めば、多くのヒュンダイディーラーでは無料で電池を交換してくれます。ですから、新しいキーフォブ用電池が必要な場合でも、あわてる必要はありません。お近くのヒュンダイディーラーを訪問するか、オンラインで交換を注文すれば、すぐに道路に戻ることができます。

著者について フィル・ボルゲス

フィル・ボージェスは、電池の愛好家です。電池に関する著作も多く、電池業界の最新技術について語ることが何よりの楽しみです。電池の仕組みを深く理解し、電池の性能を向上させる新しい方法を常に探し求めています。

jaJapanese