Nintendo SwitchのJoy-Conコントローラーのバッテリーを確認する方法

Joy-Conは、Nintendo Switchでゲームをプレイする際に使用する、片手で操作できる電池式コントローラーです。2つのボタンとジョイスティック、そして充電式バッテリーを搭載しており、ユーザーは無制限にゲームを楽しむことができます。しかし、長年にわたり、その バッテリー はいずれ消耗してしまいます。このブログでは、Joy-Conコントローラーの電池残量を素早く確認するコツと、電池を長持ちさせるための貴重なヒントをご紹介します。 

Joy-Conのバッテリーはどのように確認するのですか?

一般的に、Nintendo Switch Joy-Conのバッテリーを確認するには、コントローラー上部の+ボタンと-ボタンを長押ししてください。LEDライトが点灯します。 電池の状態を示すために点滅する レベルである。

その他、Joy-Conのバッテリー残量を確認するための詳しい手順をご紹介します。

  • Nintendo Switchの電源を入れる。
  • ホーム画面から、「システム設定」を選択します。
  • Controllers and Sensorsを選択します。
  • リモコンの下に、左のJoy-Conと右のJoy-Conのバッテリー残量のパーセンテージが表示されます。

Switchコントローラーのバッテリーが健全かどうかを知るにはどうしたらよいですか?

Switchコントローラーのバッテリーが健康であれば、一定の電圧レベルを維持します。それが低下した場合、それは健康で低下し始める。もう一つの兆候は、それは約20時間のプレイタイムを持続させることです。バッテリーの消耗が新品のときよりも早い場合は、バッテリーの消耗が始まっている可能性があり、交換が必要な場合があります。

Switchコントローラーを良好な状態に保つには、定期的な充電が欠かせません。Switchコントローラーの電池が消耗すると、以下のようなことが起こる可能性があります。

  • コントローラーがラグを起こし、ボタンが押しにくくなる、あるいは押せなくなる。
  • 前触れもなく、突然コントローラーの電源が切れた。
  • コントローラー前面のランプが点滅し始める。
  • 使用時にコントローラから異音がする。

左のJoy-Conが常にローバッテリーになるのはなぜですか?

可能性としては、Joy-Conが充電ステーションに正しく装着されていないことが挙げられます。Joy-Conの接点と充電ステーションの接点が合っていること、充電用グリップがコンセントに接続されていることを確認してください。

また、Joy-Conの接点に何か障害物がある、または覆われている可能性もあります。接点に汚れやほこりがあると、充電ステーションとの接続がうまくいかなくなります。綿棒と消毒用アルコールで接点を掃除してみてください。

Joy-Conのバッテリーはどれくらい持つのでしょうか?

ジョイコンをどの程度使用するかによって異なります。毎日短時間しか使わないのであれば、1週間は持つでしょう。しかし、常に使用するのであれば、1週間程度が限界です。 バッテリ寿命 は数時間しか続きません。

Joy-Conを最大限に活用するために、バッテリーを節約し、良好な動作状態を保つためのいくつかの方法を紹介します。

1.使い始める前に、きちんと充電されていることを確認してください。付属のUSB充電ケーブルを使って、コントローラをNintendo Switch本体に接続します。

2.もうひとつは、振動機能をオフにすることです。これは、右のJoy-Conコントローラーの+ボタンを長押しして、"振動をオフにする "を選択します。また、ワイヤレス信号をオフにするには、Joy-Conコントローラー左の+ボタンを押しながら、"ワイヤレスをオフにする "を選択します。

3.コントローラを過充電にしないでください。完全に充電されたらゲーム機から取り外し、USBケーブルを抜いてください。

4.電池残量が少ないときや充電中のコントローラーの使用は避けてください。

5.使用しないときは、画面に「OFF」と表示されるまでHOMEボタンを3秒間長押しして、電源を切ってください。

6.長く使わないで放置しない。少なくとも1日おきに使用する。

7.推奨充電器を使用してください。模造品の充電器を使用すると、Joy-Conが破損して動作しなくなることがあります。

8.極端な高温や低温にさらさないようにする。

9.コントローラが暖かくなったり熱くなったりした場合は、電源を切り、時間をおいてから冷却してください。

10.コントローラを長期間使用しない場合は、完全に充電してから保管することをお勧めします。

11.また、Joy-Conのバッテリーは、裏蓋を外してバッテリーを見ることで、物理的な不具合がないか確認することができます。バッテリーが膨張していたり、変色している場合は、交換が必要です。

12.Joy-Conのバッテリーがまだ使えるかどうかをテストしたい場合は、Nintendo Switch本体に接続して電源が入るかどうか試してみてください。電源が入らない場合は、バッテリーに不具合がある可能性があります。 

13.Joy-Conコントローラーのどちらか、または両方に問題がある場合 手持ちぶさたです。 ベスト を使い、できるだけ早く電池を交換する。 

結論

ゲームは楽しいものです。しかし、バッテリー残量が少なくなってJoy-Conの電源が突然切れると、気分が一気に落ち込みます。バッテリー残量の確認方法を知っておけば、突然のゲーム終了に驚かずにすみます。一方、Joy-Conを充電するときは、上記のヒントを参考にして、良好な状態とゲームパフォーマンスを保つことが不可欠です。

著者について フィル・ボルゲス

フィル・ボージェスは、電池の愛好家です。電池に関する著作も多く、電池業界の最新技術について語ることが何よりの楽しみです。電池の仕組みを深く理解し、電池の性能を向上させる新しい方法を常に探し求めています。

jaJapanese