バッテリーが満タンの状態でAirPodsが切断され続ける理由

2016年末に発売されて以来、人気を博しているApple AirPods。iPhoneに簡単に接続できるワイヤレスイヤホンの利便性から、多くの人に愛用されています。しかし、AirPodsの不満点としてよく挙げられるのが、バッテリーが満タンでもデバイスから切断されやすいという点です。その理由と、それを防ぐ方法とは?

AirPodsのバッテリーが満タンでも頻繁に切断される場合、いくつかの原因が考えられます。

  • 可能性としては、スマホとイヤホンの接続がうまくいっていないことが考えられます。Bluetoothの信号が弱いと、イヤホンが切断されることがあります。
  • もう一つの可能性は、AirPodsがBluetoothで接続されているにもかかわらず、出力元が異なることです。たとえば、スマホの音楽をAirPodsにストリーミングしているときに、電話をかけるとしたら ラップトップの場合、ノートパソコンがアクティブな出力ソースになったため、音声はノートパソコンに切り替わります。この場合、AirPodsを手動でノートパソコンに再接続する必要があります。 電話 をクリックすると、音楽を聴き続けることができます。
  • 最後に、AirPodsの接続を管理するためにサードパーティアプリを使用している場合、それが問題を引き起こしている可能性があります。問題が解決されるかどうか、アプリケーションを削除してみてください。

AirPodが1つしか動作しないのはなぜですか?

AirPodsの片方だけが動作しないことにお困りの場合、問題を解決するためにいくつかのことを試してみることができます。まず、充電ケースが完全に充電されていることを確認します。それでも問題が解決しない場合は、両方のAirPodsを耳から外して、もう一度入れてみてください。片方のAirPodsがまだ動作しない場合は、耳から外してステムを15秒以上押し続けます。これでAirPodとあなたのiPhoneまたはiPadの接続がリセットされます。最後に、まだ問題が解決しない場合は、Appleのカスタマーサービスにお問い合わせください。

AirPodのバッテリーをテストするにはどうしたらいいですか?

AirPodsのバッテリー残量がわからないときや、使わずに充電状態を確認したいときは、手軽で簡単な方法があります。ケースをiPhone、iPad、iPod touchに近づけながら、AirPodsを入れたフタを開けてください。数秒後に、AirPodsの充電状態が画面に表示されます。AirPodsのバッテリー残量が少なくなってきたと感じたら、ケースに戻してすぐに充電できます。また、外出するときに両方のAirPodsが完全に充電されていることを確認したい場合は、出かける前に少しケースに入れたままにしておくとよいでしょう。

AirPodsは何年使えるのか?

アップルによると、AirPodsは通常の使用で少なくとも2年間は使用できるはずです。これは、それぞれのAirPodsが平均しておよそ1,000回の充電サイクルに耐えられることを示しています。ただし、AirPodsに与える使用量とメンテナンスは、その寿命に影響を与える可能性があります。適切なケアと定期的な充電を行えば、AirPodsは何年も使えるはずです。

AirPodsのバッテリーは交換できるのか?

AirPodsをしばらく使っていると、バッテリーが以前ほどもたないように感じることがあります。バッテリーは永遠に使えるように設計されているわけではなく、時間が経つにつれて、充電を維持する能力が低下します。これは正常なことであり、予想されることですが、あまりに早く起こり始めるとイライラすることがあります。幸いなことに、Appleはこのような事態のためにバッテリーサービスプログラムを提供しています。AirPodsや充電ケースのバッテリー残量が元の容量の80パーセント以下になった場合、有償で交換することができます。ただし、AppleCare+ for Headphonesに加入している場合は、交換の補償がプランに含まれています。

幸いなことに、これは比較的簡単に行うことができます。新しい電池セットを購入し、AirPodsのユーザーガイドの指示に従って電池を交換する必要があります。それができれば、AirPodsは新品のように使えるはずです。

AirPodsのバッテリーは何年持つのか?

アップルによると、1回の充電で最長5時間のリスニング、最長2時間の通話が可能です。とはいえ、活用の仕方によって結果は異なるかもしれません。たとえば、大きな音量で音楽を再生している場合は、バッテリーの消耗が速くなります。Siriなどの機能を使ったり、電話をかけたりする場合も同様です。ですから、AirPodsを最大限に活用したいのであれば、使い方に気を配ることが不可欠です。でも、適度な使用であれば、平日1日や長時間のフライトでも十分に持ちこたえられるでしょう。

さらに、AirPodsを初めて使用する際は、フル充電が必要なため、5時間のバッテリー駆動時間を十分に確保できない可能性があることにも注意が必要です。そのため、ユーザーはAirPodsを初めて使用する前に、少なくとも2時間充電することをお勧めします。その最初の充電の後、AirPodsは5時間のバッテリー駆動を提供するはずです。

AirPodsのバッテリーはケースに入れてどれくらい持つのか?

バッテリー駆動時間については、AirPodsは見事と言うほかありません。小さなサイズにもかかわらず、それぞれのイヤフォンは1回の充電で最大5時間使用できます。さらに、付属の充電ケースを使えば、充電が必要になるまでに最大24時間使うことができます。さらに、ケースは1時間以内にフル充電が可能です。音楽用でも通話用でも、AirPodsは必要なときに必要なだけ使えるので安心です。さらに、バッテリーが残り少なくなったら、15分のクイックチャージで3時間使えます。つまり、AirPodsは電池切れを心配する必要がないのです。

AirPodsは、発売当初から接続性の問題がありました。それでも、Appleはようやくその問題を解決したようです。2019年に発売された最新のAirPodsは、改良されたH1チップを搭載し、接続性の向上とバッテリー寿命の延長を実現しています。しかし、一部のユーザーは、完全に充電されていてもAirPodsが切断されるトラブルを抱えています。この問題を抱えている場合、試してみることができるものがいくつかあります。それらがうまくいかない場合は、Appleのサポートに連絡して、さらにサポートを受ける必要があるかもしれません。

著者について フィル・ボルゲス

フィル・ボージェスは、電池の愛好家です。電池に関する著作も多く、電池業界の最新技術について語ることが何よりの楽しみです。電池の仕組みを深く理解し、電池の性能を向上させる新しい方法を常に探し求めています。

jaJapanese